教育体制

教育体制 : 徹底した教育サポートに経験豊富なスタッフ

教育体制
■ 教育内容

鉄道警備を「円滑な運営と安全を守る」ためには隊員が安心して業務に集中できるためのサポートを行っています。スキルアップを図るための定期的な基礎研修やさまざまなケースを想定した事前訓練など鉄道警備のスペシャリストを目指した教育体制を充実しています。

警備業法に伴う警備員教育 2回/年
資格継続講習会参加 1回/年
触車事故防止教育参加 2回/年
天竜川駅付近の訓練架線にて訓練実施.. 不定期
「工務関係従事員触車事故防止標準示方書」の勉強 及び
「安全対策実行委員会知悉度確認」試験
不定期
列車見張員教育資料、触車事故教育、限界支障物確認者資料についてDVD教育 不定期
新規入場者教育、列車への搭乗訓練、同行指導.... 新規入場時
月時社内触車事故防止教育(ヒヤリハット提出) 1回/月
  • 列車見張員資格経験年数
  • 10年以上 2名
  • 8年以上~9年未満 3名
  • 6年以上~7年未満 2名
  • 3年以上~4年未満 7名
  • 2年以上~3年未満 11名
  • 1年以上~2年未満 3名
    0年以上~1年未満 2名
  • 警備装備
  • 無線機(8台所有)
  • GPS
    合図棒
  • 信号炎管
    ガバン / 時計
  • 列車見張員チョッキ
  • 見張り用ダイヤ / 笛
列車警備